2-1-2 情報の共有のツールは増えたのに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

わたしが考える社会人にとって最初に覚えるマナーは、「遅刻しない」「敬語で話す」「情報の共有をする」です

情報の共有のためのツールは増えましたが

昔だと、「課長ちょっとよろしいですか?」とタイミングを見計らって話しかけないといけなかったのが、メールのCCに上司のアドレスを入れたり、グループウエアにファイルをアップすれば簡単に情報の共有ができます。メールアドレスをいれるのなんて5秒でやれます。しかし、情報の共有はうまくいかないものなんです。携帯を皆持つようになり、LINEなどのツールが発展した現在は家電(いえでん)に電話してデートに誘うよりずっと簡単な時代になりましたが、彼氏・彼女ができない人はやっぱりできないのです。

異例の時期に監査が

通常年末にある精神保健福祉法の監査が初夏にあると、報告を受けました。冬だとまた雪が怖いからさらに早くなったのかと思ったら、重大な間違いがあったからだというではありませんか

院長兼任は少し前からはずれていました

おおののテコ入れのため週に一回診察に行く事になり、週に32時間以上病院にいることができなくなるのでその前に相模湖病院の院長は現院長へ交代していました

精神科病院は通常年に2回監査がある

医療法と精神保健福祉法のもので、それぞれの法律がきちんと守られているのか一日がかりでチェックします。
これとは別に不定期に厚生局による監査もあります。
相模湖病院の場合はずっと2月にあったのですが、大雪で道路が通行止めになった年の翌年からは11-12月に行われていました。

<前の記事-2-1-1 社会人になったら最初に覚える3つの事- <支援機構卒業後の医療法人運営目次> -2-1-3 精神科独特の入院形態について-次の記事>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

早雲会ではドクターを募集しています

精神科医は常時募集、その他の科はお問い合わせください

早雲会では当会にて勤務してくださるドクターを募集しております。

早雲会の理事長は一勤務医から理事長となりました

(詳しくは転職したらいきなり借金20億の病院理事長になった件

をご覧になってください)

そのため自分が勤務医時代に不満に思っていた事をほとんど潰し、働きやすい環境をつくっています。

一例を挙げると

代行できる書類作成はスタッフが代行しています

通勤にかかる費用は税務上問題のない範囲であれば全額支給しています

給与は基本給は相場ですが、たくさん働けばそれだけ給与が増えます(完全インセンティブという訳ではありません)

車を修理に出す、家の契約をするなどで代行できる事はスタッフが代行します

などです

興味をお持ちになった方はお気軽にお問い合わせください。

早雲会のご紹介


お問い合わせ

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.